みなさん、ある時、ふっと「自分のルーツってなんだろう?」って思ったことありませんか?

「自分の親って、どんな青春時代を送ったんだろう?」「お父さんとお母さんが出会ったのはなぜだろう?」「自分って幼い頃どんな子だったんだろう?」

みたいな感じで。

あ、お久しぶりです。ムッさんです ( ̄∀ ̄)/

今回はネコのぽちの生い立ちをご紹介します。

ポチはもともと捨てねこでした。

ある朝、ムッさんちの玄関先に大きなダンボールが置いてありました ( ̄ー ̄)ノ” ゜ ポイッ

なにやらゴソゴソと物音がするので開けてみると、仔猫たち4匹が飛び出してきました(ノ゚ρ゚)ノ オオ!!

両隣のおうちに向かって逃げ出そうとしたので、あわててムッさんと家族は仔猫たちを捕まえました。

その時、一匹だけどんくさい奴がいました・・・。

家の裏の法面(のりめん)→この場合コンクリートの壁ってゆーことです。-にある水抜きの穴の中に逃げ込んで自分では出られなくなって「な”ーな”ー」と助けを求めていた仔猫が1匹いたのです。

その、一番どんくさい奴、その仔猫こそがのちの「ぽち」でした。

とっても優しい(ホントかよ)ムッさんたちは、仔猫たちを見捨てることができず、とりあえず4匹に、猫用ごはんをあげることにしました。

4匹はとってもお腹が減っていたようで、「ウニャイ、ウニャイ」といいながらごはんにガッつきました。(ホントに言ってました!!(〃`・н・´〃)

その中で、一際どんくさい奴がぽちでした。

一つの皿に群がって4匹が食べていましたが、ぽちだけあごの力が弱いらしく、

「ポロポロ」と食べているそばから食っている半分は口からこぼしていました。

「ああ、こいつは身体がほかのきょうだいと比べて身体も小さいし、どんくさいから長生きしないだろうな・・・」と同情していましたが、

実際に飼ってみると・・・。

こんなヤツでした・・・。

 

もう、どーでもよかばい

(Visited 69 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA